3回も引越しすると手際がよくなる

私たち家族は最近、三回目の引越し体験をしました。引越しの作業はいつも大変ですが、慣れたものです。荷造り、荷ほどき、ほとんど私がすることです。旦那はいつも家電、家具などの大きいものを掃除や片付けをしてくれます。
しかし、今回は洗濯機の水抜きをやっていなかったので、引越し先の洗面所がびしょびしょになりました。
引越しはかなり大変ですが、犬を飼っている方の場合は 非常に大変であると思います。
なぜならば、引越しする日、犬が引越しの際に目障りにならないように見張っておく事が必要だからです。また、犬を新しく移った家に連れて、引越し業者の車が到着する前に間に合わないといけません。

近いうちに単身引越しを行うことになりました。単身での引っ越しは安い料金でするために自分でレンタカーを借りて、ダンボールも集めました。終わったときはくたくただったので、ちょっとの安さでするには割に合わないなと思いました。今後、自分ですることはないと思います。
住所の変更手続きに伴い、車庫証明ももう一度取り直す必要があるみたいです。

実家にいた頃には、こんな手続きは全て父がやっていました。
それなのに、私の父は面倒くさいといったことや、大変だといったこととか一度も口に出したことはない気がします。
やはり父は偉大なんですね。マイホームに引っ越しした場合には、隣家に挨拶しに行きました。気持ちばかりのお菓子を購入し、のしが無いままに渡しました。
初めての事であったので、少々緊張しましたが、マイホームといえばこの先継続的に住み続けるところなので、お隣さんたちとは、友好的に気持ちのよい生活していきたいと思って挨拶に参ったのです。引越しする際の一括見積もりを今まで利用したことがありませんでした。
問い合わせをたくさんする手間が省けて、大変楽でした。

参考:引っ越し単身安い

単身引越しを安い料金でしたいなら参考リンクを訪問してみよう。単身の引っ越しは専門サービスを持っている業者に依頼する方が格安でできる場合が多いです。一般的には軽トラを使ったり単身パックをサービスに設けている引越し業者が狙い目です。

引越しのプロスタッフは独自の単身パックで一人暮らしの単身引越しで多い荷物量を基本料金15,000円で設定し、見積もりも電話で料金提示するなどしてコストダウンに励んでいます。

ただし、サービスの質にもこだわり、取引先の関係から多い新築一軒家の引っ越しで技術を磨いています。そんなプロ作業員なら単身用の冷蔵庫や洗濯機なんて楽々です。

特に繁忙期には普段は配送をしているような業者が引越し屋を名乗って仕事を取っている場合があるので注意が必要です。たしかに格安料金では請負っているのですが、仕事に不慣れな為に、何かとトラブルも多いし荷物を保護するための引越し資材も持っていない場合が多いです。

そんな状態でトラックに荷物を載せられれば傷だらけになるのは必須。ちょっとくらい安いからってそのような単身引越し業者に頼むのは危険ですよ。

遠方への長距離便も安い引越し業者で学生さんの上京や帰郷、旦那さんの単身赴任の際の引っ越しにもぴったりです。単身の格安引越しならプロスタッフがおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ