インプラントも万能ではない

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。おおむね保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因でかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。
治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。

数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思います。その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。それは違います。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によって大きく異なります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。大まかな相場はありますので、心配しないでください。歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。
インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ